保険と住宅ローンのつながりって?

住信SBIネット銀行の住宅ローンを組むにはまず、どの金融機関に融資をお願いするか決めないといけません。
銀行・ネットバンク・労金・信用金庫など住宅ローンを組める金融機関は数多くあります。
金融機関によって住宅ローンの審査の違いは特に大きな違いはありませんが、店舗が存在しないネットバンクは、取引をすべてネット上で行う事になります。
店舗に行かなくて良い。
という点が非常に好評です。
また店舗がない分、経費削減ができ金利が低いのも特徴です。
ネットバンクは月々の支払いを少額にしたい方や忙しい方にピッタリの住信SBIネット銀行の住宅ローンです。
将来に備え住宅のご購入を考えていらっしゃる方も多いと思います。
購入するには、まず住宅ローンを組まなくてはいけません。
住信SBIネット銀行の住宅ローンは銀行や信用金庫、ネットバンクから組む事が出来ます。
住宅ローンには金利・審査・諸費用がかかります。
審査時間はだいたい1週間前後のことが多い様です。
ローン金利は契約が終了した月の物が採用されます。
諸費用は、数百万単位が一般的で借入金額によって上下します。
マイホームが欲しい!と思っても自分の物になるまで必要な事をクリアしていかないといけません。
すべての契約が終わるのはだいたい3〜4カ月後だと言われています。
住宅ローンの中には、フラット35という名前のローンがあります。
フラット35の様に、毎月の返済額が変わらないローンは安心ですよね。
フラット35は、35年間、毎月の支払額が変わらないというのが最大のメリットです。
このメリットにより、近年申し込みをされる方がグンと増えてきたローンですがそんなフラット35の審査は、一般的な住宅ローン審査と同様、年収や勤続年数などが重視される審査になります。
とはいえ、年収や勤続年数などは一般的な住宅ローンと一緒です。
担保として十分かどうか、という点を重視する。
という事です。
色々な面から審査されるそうです。
住宅ローン契約の時、必ず入らなくてはいけない保険があります。
その保険会社とは「団体信用生命保険」を取り扱っている会社です。
団体信用生命保険の内容は、ローンを組む世帯主に万が一の事があった場合、残りのローンはすべて無くなる。
という保険です。
これは残された家族がローンに困らない様にする為の特別処置です。
団体信用生命保険の保証会社はその銀行によってちがいますが保証料は銀行負担という所がほとんどでしょう。
自分が保証料を支払う必要はないので、安心して住信SBIネット銀行の住宅ローンを申し込む事が出来ますね。

生命保険は「貯蓄型」「掛け捨て型」どっちがいいの?【賢い選び方】