介護福祉士の資格取得方法は?

雇用不安定なこの時代には、資格があった方が就職には断然有利になりますが、今から取得しておくと有利な資格というと、福祉関係の資格が断然有利です。
介護福祉士の資格は、最短で取得したい場合なら、介護福祉士育成専門学校を卒業すればそのまま資格が取得できていましたが、2016年から国家試験を受けなければならなくなります。
その他の方法では、介護施設で3年以上勤務し実務経験を積み、実務者研修を修了ののち国家試験受験となります。
これから新設される予定である「認定介護福祉士」は詳細はまだ未定ですが、介護福祉士のリーダ職として、これからの後期高齢者の増加に向け、介護のプロフェッショナルを育成するための資格として期待されていますが、これは国家資格になる可能性は低いようです。